ブレインストーミングという言葉を知っているけど、それって何?という方は多いはず。アイデアを捻出する方法として有名なブレインストーミング。しかし、ブレインストーミングの正しいやり方を理解し、実行できている人はかなり少ないのではないかと思います。

今日はそんなブレインストーミングの基本からうまく進める為のヒントまで、簡単にご紹介します。そして、実際に弊社でも用いている考え方も載せていますのでご参考ください。

 

ブレインストーミングとは

ブレインストーミングの概要

ブレインストーミングとは、1つのテーマに対し、何人かのチームでアイデアを自由に出し合い、問題解決に結びつける会議の方法です。BS、ブレストなどとも呼ばれています。既成概念にとらわれず自由な発言が許されるため、YES/NOを求めるテーマよりも、解決策がいくつも存在するテーマの方が向いています。

そして、上司と部下という関係性をなくして、一つの課題に取り組むのでチームワークが必要となり、リレーションシップが大事となります。互いの意見を尊重して相乗効果(シナジー効果)を期待し、少しでも多くのアイデアを捻出し議論を行うので、問題解決方法としてだけではなく、チームの結束を高めるためにも有益な方法です。

 

ブレインストーミングの4原則

大量にアイデアを出し解決方法を探るという目的を実現するために、4原則が定められています。また、実際の場面では大量のアイデアをまとめるというのも必要です。

 

1.批判をしない

他人のアイデアを批判するようなことは絶対にしてはいけません。批判や悪口、反対は参加者の自由なアイデアの発表を妨げ、モチベーションをも下げます。ただし、発展的に新たなアイデアを促すような発言ならしても構わないということになっています。

 

2.自由奔放

突拍子もないアイデア、実現不可能であろうアイデア、言いにくいアイデア、奇抜なアイデア、なんでも大歓迎です。どんどん意見をだしましょう!!

 

3.質より量

良いアイデアを出そうと無理をするのではなく、とにかく量をこなします。問題解決への切り口を多く挙げるためです。

 

4.付け足しと結合

新たなアイデアを生み出す方法として、他人のアイデアに付け足したり、別々のアイデアを結合させるといったこともOKです。そのため、付箋にアイデアを書いていき、ホワイトボードに張り付けていくのはいいアイデアです!

 

基本の流れ

以上4原則を踏まえて、大まかな進め方は以下の通りです。

  1. 事前にテーマをメンバーに周知しておき、考えさせておく
  2. 少人数(4~7人程度)のグループに分かれる
  3. 進行役(ファシリテーター)と書記を決める
  4. テーマについて、自由に意見を出し、書記は、それを書き出していく
  5. 全体を見ながら、グループの案をまとめる

 

情報を整理する方法

多くのアイデアが出た後は整理が必要になります。KJ法やマインドマップ、概念地図の考え方が多く利用されています。また、細かいこととして文房具もそろえておくとよいです。

 

KJ法

カード(付箋)に記述されたアイデアをグループ化し、論理的に整理する方法です。大きく分けて下記の4ステップで進めます。

  1. カードを作成する
  2. 似た特徴を持つカードを集めて分類し、見出し(要約)をつける
  3. 2.でまとめたカード群を相互関係を作るように配置し、図解にする
  4. 3.を文章化し、発表を行う

 

マインドマップ

紙の中心にテーマを書き、関連する項目を放射状に線で伸ばし、更に連想していくキーワードを書く…を繰り返す方法です。情報を整理する方法としても、アイデアを捻出する方法としても使われます。これは、勉強の時にもよく使えます。

 

概念地図

概念と概念を説明付きの→で結び、上から下へ展開していく階層構造の図です。マインドマップとは違って、メインテーマが一つでなくても構いません。

 

おわりに

どうでしょうか?実際行動してみると思わぬ収穫、思わぬ失敗があるのがこのブレインストーミングなのです。現在の会社のチームにある閉塞感を打開したい方はぜひお試しください。

チームでのブレインストーミングはかなりおすすめですが、経営者や受験生、就活生にもおすすめの方法です。ぜひ試してみてください。

カテゴリー: 経営豆知識

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です