まず、クリック単価って何?という疑問やそれをどう生かすのかも含めて、知っておくと役立つ情報を書いておきます。

ウェブ広告運用者であれば必ず知っておかなければならない言葉ですので、しっかりと覚えておいてください。

リスティング広告を少しでも検討中の方はこちら:試しに3万円からできる!初めての方限定トライアルプラン

 

クリック単価(CPC)とは?

クリック単価とはユーザーが1クリックしたときに発生する費用のことを指します。
なので、英語表記で、CPC(Cost Per Click )と記載されることもあります。

また、クリック単価は、以下の計算式で算出することができます。これは重要な指標になりますので、しっかりと覚えておきましょう。

 

クリック単価(CPC)=コスト(Cost)÷クリック数(Click)

例)リスティング広告を運用するとして、広告予算費が30万円、クリック数が2,000回の場合
150円(クリック単価)=30万円(広告費)÷ 2,000回(クリック数)

 

クリック単価の相場とは?

web広告、特にリスティング広告を出稿する際は、クリック単価がいくらなのかを想定しておく必要があります。想定したクリック単価なので、変動があり時期や運用の仕方によって変わることがほとんどです。

さらに、リスティング広告の場合は運用型広告なので、入札単価(※1)を下げることにより、クリック単価を下げることもできます。また、クリック単価が低くなるように「キーワードの選定」を行うという方法もあります。

(※1:リスティング広告は入札制のため、入札したクリック単価がクリック単価に大きく影響します。しかし、「入札した単価」×「品質スコア」=検索結果(ランキング)になるので、HP・LPの品質も重要です。詳しくは別途解説します。)

そして、クリック相場を見つけるためには、Google keyword plannerを使用して、どのキーワードがどのくらいで入札されているのかを見つけていく必要があります。また、Google trendも活用していくと、どのキーワードがいつ入札単価が大きく変わってくるのかを見つけることもできるためいいかもしれません。

 

クリック単価の調べ方

ウェブ担当者の方や、web広告代理店で働き始めた方には、リスティング広告ならGoogle keyword plannerやGoogle trends、aramakijake.jpSEMrushを使うと、クリック単価の相場を調べることができます。

aramakijake.jp

キーワードの月間推定検索数と、月間検索アクセス予測数が分かります。
また、GoogleとYahoo!の両方の月間検索アクセス予測数をみることができます。
ちなみにですが「リスティング広告」で検索してみました。

リスティング広告運用・分析をご検討中の方、中小・ベンチャー・零細企業でもリスティング広告で効果を出す方法について無料相談を受け付け中です。

相談したい内容を記載の上、お気軽にご連絡ください。

 

クリック単価を設定する際の目安

広告の配信を開始するときに必要なクリック単価と予算の設定の仕方を解説していきます。

クリック単価の設定を低くしすぎたり、高くしすぎないように気を付けましょう。

そこで、順を追って説明していきます。

 

1.キーワードプランナーで算出した相場で入札する

先ほどご紹介した「Google keyword planner」「Google adwords」を活用することで、クリック単価の相場を確認出来るので、相場よりも少し高い価格でクリック単価を設定することで、殆どの場合スムーズに滞りなく配信は行なわれます。

競合性が低、中、高というのも基準にしてください。もし競合性が低ければ、検索結果上で一番上に上がりやすいのでクリック単価も少し高めに設定することで確実に1ページ目にあげていきましょう。

競合性が高い場合は、広告自体をやめた方がいい場合もありますので注意しましょう。

ただし、ご紹介してなんですが、過度な信用はしない方がいいかもしれません。

 

2.クリック単価を均一100円に決める

よくやる方法としては、キーワード全体を入札価格を100円で統一する方法があります。

リスティング広告は、実際に配信して初めてクリック単価や表示頻度、自分の広告の品質などが分かる特徴があります。

そこで最初はざっくりとした金額で配信を行い、配信成果を参考に適切な入札価格を設定していく方法です。

この方法であれば、成果を見てから、というようになるのでどのように今後運用していけばよいのかを決めていくのに決めやすくなります。

しかし、問題点があります。均一が100円になりますので、それよりも金額が前後してしまうことやもしかしたら検索表示されない可能性もあるので検討しましょう。

 

3.配信後の改善は必須!

配信を行った後に必ずしなければならないのが改善です。

結局いちばん大事なのは、運用開始直後の改善です。入札したクリック単価を見直し、クリック数やクリック率を見直していくのが勝負です!

実際に広告配信を行ったことで、見えてくるものがあるはずです。例えば、どのキーワードが効果的なのか、どの地域・何歳がいいのか、などがわかります。

特によくあるのが、クリック数は多いけど、そこからコンバージョン(成果)に繋がっていないキーワードやクリック率が10%前後にないものなどの費用対効果が悪い物は入札単価の引き下げや、そもそも入札をやめるということも大事です。

逆に、成果が良い物は入札単価を上げて、表示位置をより優位にして上げることでさらなる成果を見込めます。ただし、クリック率やコンバージョン率を見直していきましょう。

 

また、もう一つ確認したいのが広告配信がされていないキーワードの改善です。

明らかに顧客が獲得出来るであろうコアワード(自社サービスの中核となるキーワード)なのに、入札したクリック価格が低く、広告配信がされなかった場合は、入札価格を上げて調整していきましょう。

このように、広告配信後に得られるデータを元にして、より効果的な広告配信を行えるよう繰り返し改善と最適化を細かく行うことが、よりよい成果へと繋げるため重要なポイント(PDCAサイクルを回す)です。

 

クリック単価が決まる仕組み

 

クリック単価はどのように決まるのかを解説していきます。(2018年3月21日現在)

 

1.広告の掲載順位

クリックして検索結果上に出てくる広告の掲載順位はどのように決定されているのか気になりますよね。

リスティング広告はユーザーが検索した結果画面に広告を表示するのが基本で、ページの上部であればあるほどランクが高い広告になります。

そして、このランクを広告ランクといい、このランクには2つのポイントがあります。

 

2.入札単価と品質スコアの関係

広告ランクは、広告配信したいキーワードに入札している「入札単価」と、広告がいかにユーザーにとって必要かをはかる「品質スコア」を掛け合わせた値になります。

つまり、広告ランク=入札単価×品質スコアとなります。

ここでweb広告業界の用語を解説しておきます。

 

・入札単価

入札単価は、入札単価=1クリックで支払う最大の料金単価になります。

入札には、1クリックで支払っても良い金額を設定するようにしましょう。ただし、この金額を上回ることがほとんどですので、注意してください。入札単価は支払ってもよい金額の前後で考えておくようにしましょう。

入札金額は、入札単価とは違いますので気を付けてください!予算を超えることはないです。

 

・品質スコア(品質インデックス)

品質スコアとは、web広告の質の事で、簡単に言うとキーワード、広告文、LPの関連性で決まります

キーワードとは、検索キーワードのことで、ユーザーが検索したキーワードと広告の内容がマッチしているのかどうかを判断しています。

また、広告文・LPに関してもまったく同じことが言え、ユーザーの意図と広告の内容がどのくらいマッチしているのかを、この品質スコアで表しています。

品質スコアがあるおかげで、リスティング広告が単にお金のある人や会社の広告に独占されることなく、ユーザーにとってよいものが表示されるようになっています。

しかし、現在、品質スコアはクリックがどれくらいされているかで決まっているともいわれています。

 

3.実際に支払うクリック単価の決定方法

実際にどのくらいのクリック単価を支払うのかを決定する方法を見ていきます。

例えばですが、あるキーワードの広告配信状況が下図の場合、

掲載順位は「自社、A社、B社」の順になります。

この図を見ていくと、支払うクリック単価は200円と思い、そのまま入札してしまうのが普通ですが、実はそうではなく、競合他社とのオークション方式みたいなものなので競合により決まります

それが次の計算式です。

競合他社の広告ランク÷自社の広告品質スコア+1円=クリック単価

例)検索結果上で自社が1位になるには、400÷7+1=58.14円となります。

そして、先程の表に当てはめると、それぞれの企業が支払うクリック単価は、

となります。

実際に支払うクリック単価はどうなるのかをしっかりと考えて、品質スコアを上げていく必要があります。ここは、すべての企業が努力でなんとかできるところですので、改善を続けてより良くしていきましょう。

 

広告予算の決め方

最後に広告を運用するのであれば絶対に考えなければならないのが広告の予算です。

LTV(ライフタイムバリュー)などの方法もありますが、今回は初めてリスティング広告を利用する場合に予算を決定する方法をお教えします。

 

クリック単価と平均CVRからの予算を立てる

よく言われているのがクリックしたユーザーから顧客獲得へと繋がる割合が1%前後と言われています。

クリック単価が「150円」とした場合で、月間30件の顧客を獲得したい場合、

広告予算=クリック単価÷顧客獲得率×件数なので、150円÷1%×30件=450,000円となります。

これは一人の顧客獲得に15,000円かかるとわかるので、一人の顧客を獲得した後の利益が15000円を下回っていれば、広告費の方が高くなってしまうので要検討です。

しかし、LTV(顧客生涯価値)という観点で見ると、どうなのかも検討していくのがいいでしょう。

こちらについては詳しい記事を書きますので、参考にしてください。

 

忘れないでほしいのですが、リスティング広告は得られたデータを元に改善を繰り返し、成果を出していく広告方法なので、初月で成果が悪かったからと打ち切ってしまうと勿体ないです。

少なくとも3ヶ月は継続してPDCAサイクルを回していくことをおすすめします。

 

まとめ

 

クリック単価の予算とその相場決めは、最初は慎重にならず、ある程度決定したところで小額からでもいいので投資をしていき、様子を見ていき増やしたり、減らしたりしていくのがオススメです。

最初からすべてが思い通りに行くことはないので、最低3カ月はデータをとるためと思い、実行していくのがいいです。

ぜひ、web広告の運用に役に立ち、少しでも御社の売上や利益に貢献できれば幸いです。

また、弊社ではネット広告を運用していくのが主な仕事ですが、戦略策定、企画立案、集客施策などのビジネスにおける川上から川下までを一括でサポートしております。

そして、中小零細企業向けの低予算で試せるトライアルプランもご用意しております。

ご興味や少しでも話してみたいなと思われましたら、無料相談やお問い合わせも受け付けておりますのでお気軽にご相談ください!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です