品質スコアってどうやって確認するの?と思われた方に、最新の情報をお届けします。

今回は、Google Adwordsの品質スコアの確認方法と設定方法を解説していきます。

リスティング広告を少しでも検討中の方はこちら:試しに3万円からできる!初めての方限定トライアルプラン

 

品質スコアを確認する方法

まず、リスティング広告を出稿した後、検索結果上に上位に来るように設定したい場合、広告ランクというものを意識します。

その広告ランクは、「入札単価」×「品質スコア」で決まります。

気になった方は「クリック単価(CPC)とは何?適切な予算相場の考え方を解説!」をご覧ください。

設定したキーワードがランディング ページや広告とどの程度関連性があるか調べるには、品質スコアを確認します。

現在の品質スコアは、4 つの品質スコア (品質スコア、推定クリック率、ランディング ページの利便性、広告の関連性)で確認できます。

また、過去の品質スコアも同様に確認できます。

この記事では、現在と過去の品質スコアとその基準スコアを確認する方法について説明します。

 

品質スコアを確認する手順

品質スコアは [キーワード] タブで確認できます。品質スコアを確認する方法はいくつかありますので、今回は2つほどご紹介します。

 

1.キーワードで品質スコアを確認する
  1. 画面上部の [キャンペーン] タブをクリックします。
  2. [キーワード] タブを選択します。
  3. キーワードのページに記載があれば、そのまま見ていただければOKです。

 

2.品質スコアを有効にして確認する

品質スコアを設定していない場合は下記になります。

  1. 画面上部の [キャンペーン] タブをクリックします。
  2. [キーワード] タブを選択します。
  3. データ表の上にあるツールバーの [表示項目] メニューをクリックします。
  4. [表示項目を変更] を選択します。
  5. [品質スコア] を選択します。
  6. 現在の品質スコアを確認するには、以下から該当するものを選択して掲載結果データの表に追加します。
    1. 品質スコア
    2. ランディング ページの利便性
    3. 広告の関連性
    4. 推定クリック率
  7. 過去の品質スコアを確認するには、日単位で分割表示して、以下から該当のものを選択して掲載結果データの表に追加します。
    1. 品質スコア(過去)
    2. ランディング ページに利便性(過去)
    3. 広告の関連性(過去)
    4. 推定クリック率
  8. [適用] をクリックします。

ぜひ、web広告の運用に役に立ち、少しでも御社の売上や利益に貢献できれば幸いです。

また、弊社ではネット広告を運用していくのが主な仕事ですが、戦略策定、企画立案、集客施策などを一括でサポートしております。

そして、中小零細企業向けの低予算で試せるトライアルプランもご用意しております。

ご興味や少しでも話してみたいなと思われましたら、無料相談やお問い合わせも受け付けておりますのでお気軽にご相談ください!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です