ランディングページ(LP、以下LPとする)の利便性が、平均よりも下になっている人、必見です!

簡単に解決できるので、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

LPの利便性を改善する方法

検索キーワードごとに割り振られる10段階の品質スコアの中で、重要な位置にあるランディングページ(LP)の利便性について解説していきます。

 

そもそも改善する必要はあるの?

掲載順位に影響を与えて、場合によってはその広告の成果や費用対効果にも関係してくる指標ですので、評価が低すぎる場合には広告が適切に表示されない、品質スコアが下がるなどの問題も生じてしまいます。

 

品質スコアに影響する3つのポイント

品質スコアの改善箇所はGoogle Adwordsの管理画面で見てもらえばわかる通り、主に以下の3つです。

・推定クリック率
・広告の関連性
・ランディングページの利便性

 

基本的にこの中で項目のところに「平均より下」と表示されているものは、改善箇所ですので早急に改善を検討していかなければいけません。

 

Google Adwordsのヘルプにも記載されていますのでその内容を参考にさせていただきました。

・関連性が高く、有用で独創的なコンテンツを提供する
1.LPが広告文とキーワードに直接関連していること。
2.独自のコンテンツを提供していること。

 

・ビジネスの透明性を確保し、サイトの信頼性を高める
1.ビジネス情報の開示し、会社情報や連絡先を見つけやすい場所に配置する。
2.業務内容料金体系を明確に説明する。
3.無理なフォームへの誘導はしない。
4.個人情報の収集についてはその目的を明確にする。

 

・モバイル端末やパソコンで簡単に操作できるようにする
1.スマホユーザーに対応する。
2.広告で紹介した商品を、ユーザーが簡単に注文できるようにする。
3.サイト内遷移の邪魔になるポップアップ等の機能をつけない。
4.ユーザーが探しているものをすぐに見つけられるように、スクロールしなくても見える範囲に重要なコンテンツを表示する。
5.情報を見つけやすいようページ構成とデザインにする。

 

・ランディング ページの読み込みに時間がかからないようにする
1.クリック後にPCでもスマホでも、すぐにランディング ページが読み込まれるようにする。

 

まとめ

LPの利便性を向上させる方法は、上記にある通りなので、参考にしてみてください。

Googleの場合、仕様が変わりやすいので変更があり次第、対応していきます。

ぜひ、御社のリスティング広告の運用に役に立ち、少しでも御社の売上や利益に貢献できれば幸いです。

また、弊社ではネット広告を運用していくのが主な仕事ですが、戦略策定、企画立案、集客施策などのビジネスにおける川上から川下までを一括でサポートしております。

そして、中小零細企業向けの低予算で試せるトライアルプランもご用意しております。

ご興味や少しでも話してみたいなと思われましたら、無料相談やお問い合わせも受け付けておりますのでお気軽にご相談ください!

 

カテゴリー: リスティング広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です